• 微分帖は

     

    みんなでつくるおはなしの小さな本の名前で、

     

    そのお話ができるちょっとかわった作文の仕方のことで、

     

    それが行われる場所の呼び方でもあります。

     

     

     

    このページでは微分帖のしくみや、

     

    いままでの活動を紹介しています。

     

     

     

    おもしろそうだと思ったら

     

    ぜひやってみて、

     

    いいと思うものができたら

     

    ぜひおしえてください。

  • ためしよみ微分漫画①

    《ニセモノ》こいけぐらんじ+宮田篤

    K1

    K2-3

    K4

    微分帖・微分漫画 手順1

    こいけぐらんじさんが、犬の置物にふしぎなラクガキをするお話をかいたように、まずはひとりが、4ページにひとつながりのことば・おはなしをかく。内容はひとりごとでも、今日あったことでも、空想の世界のことでも、なんでもよい。形式は文章でも、詩でも、漫画でも、絵本や楽譜でも、そのときの参加者どうしの合意があればなんでもよい。お話がかけたら、相手に見てもらう、そうして、次の人はその間のお話を考える。この場合は、K1-K2、K3ーK4の間の4ページについて考えてみる。

     

    微分漫画②へつづく

  • ためしよみ微分漫画②

    《ニセモノ》こいけぐらんじ+宮田篤

    K1

    K2-M1

    M2-M3

    M4-K3

    K4

    微分帖・微分漫画 手順2

    つぎのひと、この場合は宮田篤が、ラクガキの場面と女の子の戦闘の場面をつなげたように、さいしょのことば・おはなしのまんなかに、前後をつなげてことば・おはなしをかく。どんな続きをかいてもよいけど、まえとうしろの内容がつながっていないといけない。むつかしいようでいて簡単なようでいてむつかしいかもしれない。実際にはこの微分漫画には、まだつづきのこいけぐらんじさんのページK5~K8があり、宮田篤のページM2とM3に間に、はさまれる

     
    《微分漫画「ニセモノ」こいけぐらんじ+宮田篤》初出:「ことばの庭の図書館:微分帖」刈谷市美術館(2014)

    緑のページ こいけぐらんじ/シラオカ vo.gt、KADOKAWAより「なんでやねん」を英語で言えますか?著:川合亮平 イラスト:こいけぐらんじ 発売中 guran-g.tumblr.com ◎白のページ 宮田篤

  • 微分帖は、《美文調》ということばとのだじゃれで名付けました。だんだん細かく(微)なって、まんなかが(分)かれてゆく、本のようなもの(帖)という意味をこじつけています。

  • 展覧会・ワークショップなど

    活動歴のうち微分帖にかかわるもの

    微分帖年表

    【2008】

    • 共同作文あそび「微分帖」を思いつく(そのとき準備していた個展のためのワークショップだったが、その個展「としょ感」は名前だけ先に決めてあんまりやることを考えていなかった。ギャラリー併設で本屋(移転していまはON READINGになった)があったので本にちなんだワークショップをおまけ的にやろうと思っていた。)
    • 個展「としょ感」 (YEBISU ART LABO gallery、愛知)で来場者と会期中、連日微分帖を制作。画廊にきたのにワークショップに誘われて戸惑う参加者と何度も遊んでもらった。このときはすべて文章の微分帖で、挿絵的なものもほぼなかった。
    • 個展「かんそう曲」(鑓水青年美術館、東京)などで来場者と会期中、連日微分帖を制作。取手アートプロジェクト2006で知り合ったアーティストの尾崎祐太くん・深澤孝史くんと初期のびぶん絵本を考えた。シケモクバスキングバンド・長津結一郎くん・田中文久くんとワークショップ参加者と《微分帖の朗読》をした。
    • 片岡球子奨学基金をもらいオランダなど3カ国をまわり知らない現地の人や旅行者をつかまえて微分帖制作。英語の微分帖ができて喜んでいたが帰国報告会でこの達成感が伝わらず「俺はわかるよ」と大崎のぶゆき先生にフォローしてもらう。
    • アーティストインレジデンスで団地の1室に2か月滞在、後半には展示「おちゃ感」として来場者と微分帖制作(取手アートプロジェクト/茨城県取手市)。
    • FMゆめ団地(アーティストの中島祐太・毛原大樹)と微分帖で歌詞をつくる(『ここにあるこのうち』という合唱曲になる)。
    • アーティストインレジデンスで黄金町バザールのスタジオに滞在、来場者と微分帖制作(黄金町バザール/横浜)。
    • 横浜から愛知へ帰る流れでなんとなくNPOレッツの「たけし文化センター」に滞在、来場者と微分帖制作。たけしに微分帖をびりびりにやぶかれるが即興からめーる団がセロテープで直してくれる。その後、浜松の臨床心理士の笹田さんが笹田さんに会いにくる子たちとたくさん微分帖をつくってくださる(たけし文化センター/浜松)。

    【2009】

    • 大学院修了制作として微分帖による「ことばの壁」をつくる。まだ100冊くらいだったが壁一面にかけてみると1冊ずつを読むのとはまた違う感覚があることに気づく。

    【2010】

    • ワークショップ・コンサート「らくがっき」(仙南芸術文化センター えずこホール、宮城*野村誠+宮田篤)で微分帖のしくみをもとに作曲ワークショップを行う。
    • 個展「としょ感と図書館」(川口市立映像・情報メディア センター メディアセブン_川口市立中央図書館、埼玉)。メディアセブンでの展示・ワークショップで制作した微分帖が川口市立中央図書館に地域資料として収蔵される。
    • メディアセブンの樋熊さんの助言で twitter 微分帖『divnote』開始
    • 黄金町のアーティストたち展(横浜市民ギャラリーあざみ野/横浜)で、横浜の劇団「くロひげ」が稽古でつくった微分帖をくれる。2回目の「ことばの壁」がけっこう増えていて、どんどん増やそうと思う。
    • 深澤孝史(美術家)とびぶんえほん制作合宿(呉~広島)。
    • 野村誠(作曲家)、P-blot(鍵盤 ハーモニカオーケストラ)による微分帖作曲、門仲天井ホールにて初演。
    • ワークショッププロジェクト「ことばの森」(広島市現代美術館)で、2か月間、森林レンジャーとしてボランティア有志と共に微分帖の進行や制作をしてみる。その場でのワークショップ完了は望めないのでお話を会場のポストに投函してもらい、後日アーティストやボランティアが微分したものが掲示されるという流れだった。ここでカンブリア爆発的にいろんな種類の微分帖ができた。画家・漫画家の遠藤俊治と《ビブンマンガ「きょうちくとう前・後」》制作。(企画・山下樹里)

    【2011】

    • 加藤巧(美術家)と微分絵画制作(奈良)。「相手の絵を途中まで模写してから自分の絵にする」というパターンと、同じ画面の中で「自分が完成だと思うところの半分まで描く」を交互にくりかえすというパターンとの2つを試した。
    • 水野正彦との 2人展「道の草 公園の壁」(神戸アートビレッジセンター、兵庫) で2回目の「ことばの壁」を制作、数えてみたら微分帖が 1,000 編 を超えていた。 3回目の「ことばの壁」では微分帖の種類が増えていた。

    【2013】

    • こども・親子向けに特化した ワークショップ「微分帖/ ビブンマンガ/びぶんえほん」(あいちトリエンナーレ 2013)をおこなう。完成作品の一部はアートラボあいちの図書コーナーに収蔵される。
    • いままでに制作した微分帖を再制作する「びぶんえほんプレミアム」を発表。《かばんや》《うんこくんのおはなし》など。グループ展『繋留』(豊田市美術館市 民ギャラリー、愛知) 

    【2014】

    • グループ展「美術館で夏休み ~いつものミチのひみつキ チ~」(刈谷市美術館/愛知)でプロジェクト型展示「ことばの庭の図書館」を出品する。約2か月間、ことばの庭の図書がかりとしてボランティア有志と共に微分帖の進行や制作をしてみる。 「図書館」として「微分帖の内容を分類」する、「来場者のおすすめ本を掲示する」などの新しい活動をおこなった。(企画・鵜飼幸恵)
    •  画家・漫画家の遠藤俊治と《ビブンマンガ「ロッカールーム」》制作、漫画家のこいけぐらんじと《ビブンマンガ「ニセモノ」》制作、イラストレーターのmannaと《びぶんえほん「まあるいもの」》制作。

    【2015】

    • 松戸市の読み聞かせボランティアさんたちと微分帖。はじめて「読み聞かせること=朗読」に焦点があたった企画になったと思う。相手へ読んで伝えることのベテランさんたちとの微分帖は観客があってもよいくらいのクオリティだった。
    • 作法のためのリマインダ(はならぁと2015/奈良)で3回目の「ことばの壁」制作(企画・加藤巧)。同じ展覧会に参加した村上慧の持ち寄り鍋ワークショップと合同で微分帖ワークショップをする。
    【2016】
    • 取手アートプロジェクトからの依頼で微分帖の豆本をつくるワークショップを行う。意図的に微分帖を「持って帰ってもらう」ことにしたのははじめてだった。(いつもは展示のために預からせてもらっている。)
    • 愛知県立芸術大学の油画専攻50周年事業に呼んでもらう。非常勤講師として油画特別演習(微分帖ワークショップ)をおこなう。
    【2017】
     
     ・愛知大学文学部の表現実習という、週替わりでアーティストが来てワークショップや講義をする授業に、吉野さつきさんから呼んでもらう。
     
    【2018】
     
     ・愛知大学文学部の表現実習、2年目なので勝手がわかってくる。
     
    【2019】
     
    • トーキョーアーツアンドスペース本郷で「びぶんブックス」という、微分帖の本屋さんのようなものをしてあそぶ。ゲスト書店員(連句人の高松霞さん、詩人の向坂くじらさん)を迎えることで日本の短詩文芸・共同文芸である連句との接点、パフォーマンスとしての朗読との接点をさぐった。
    • びぶんブックス・インストアイベント」では、朗読ユニットATTAと共に、自己と他者の声が重なること・言葉が重なることを楽しむパフォーマンス+ワークショップのプログラムをつくった。
    • 画家・漫画家の遠藤俊治と《ビブンマンガ「BMW」》制作、漫画家のこいけぐらんじと《ビブンマンガ「下山」》制作、漫画家の棚園正一と《ビブンマンガ「ソルジャーマン」》制作。
    • 愛知大学文学部の表現実習、3年目はいろいろ周りが見えてくる。
    • グループ展「わくわくなおもわく」内で「ペンびぶんフレンドクラブ・いなわしろ」を行う。(はじまりの美術館、福島)
    • 「アーティスト・イン・ミュージアム宮田篤+笹萌恵meets岐阜県図書館」で岐阜県図書館にひとつき滞在する。漫画家のひうち棚さん、もぐこんさん、宇佐江みつこさんとびぶんマンガ制作。4コマまんが版微分帖の「タケノココミックス」発表。(岐阜県美術館企画)
    • グループ展「セカンド・フラッシュ」内に「ペンびぶんフレンドクラブセンター ぎふ」を開設する。岐阜県図書館滞在中に知り合った高校生のゆうだい君が史上初めての微分帖インターンになる。(岐阜県美術館*宮田篤+笹萌恵)
     
     
     

    ■宮田篤(みやたあつし)
     

    1984 愛知県生まれ、好きな食べ物はうめぼし
    2007 愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻卒業

    2008 片岡球子奨学基金を得てオランダ短期滞在
        アーティスト・イン・レジデンス(茨城県取手市・神奈川県横浜市黄金町)
    2009 愛知県立芸術大学大学院美術研究科美術専攻修了
    2010〜digmeoutMEMBERS
    2011〜取手アートプロジェクト パートナーアーティスト [宮田篤+笹萌恵]
    2016 愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻非常勤講師

    2017-2019 愛知大学文学部現代文化コースメディア芸術専攻ゲスト講師

    2018 東京藝術大学美術学部 Diversity on the Arts Project 修了

    2019 アーティスト・イン・レジデンス(岐阜県図書館)*宮田篤+笹萌恵

     

    おもな個展

    2019 びぶんブックス(トーキョーアーツアンドスペース本郷/東京)

    2010 としょ感と図書館(メディアセブン_川口市立映像・情報メディアセンター/埼玉)

    2005 ほくほく星に進路をとれ(エビスアートラボ/愛知)

     

    おもなグループ展

    2019 セカンド・フラッシュ(岐阜県美術館)*宮田篤+笹萌恵

    2019 わくわくなおもわく(はじまりの美術館、福島)

    2010 ふしぎの森の美術館(広島市現代美術館)

    おもなワークショップ・その他の活動

    2016 ちらし彫刻(ポコラート全国公募展vol.6/3331ArtsChiyoda/東京 )
    2015 おとなもこどももあそべるぶんがく 微分帖(松戸市子ども読書推進センター/千葉)
    2014 ちくちく校歌(取手市立井野小学校、いこいーの+Tappino、取手アートプロジェクト/茨城)*宮田篤+笹萌恵

    2013 微分帖/ビブンマンガ/びぶんえほん(愛知県芸術文化センター/あいちトリエンナーレ2013)
    2010 らくがっき(えずこホール 仙南芸術文化センター/宮城・ワタリウム美術館/東京)*野村誠+宮田篤

    2007 びじゅつ感(名古屋市美術館/愛知)

    受賞

    2016 ポコラートワークショップ賞(ポコラート全国公募展vol.6/3331ArtsChiyoda/東京 )

     

    そのほか

    「『装苑』 ニュークリエイターたちのフレッシュなパワー」 文化出版局/2012年1月号

    「びじゅつ感ワークショップについて」 角田美奈子 平成19年度名古屋市美術館研究紀要
    「『美術手帖』”はくぶつ感”レビュー」 田中由紀子 美術出版社/2008年1月号

    展覧会

    ◎個展

    2019 「びぶんブックス」ことばの店:微分帖(トーキョーアーツアンドスペース本郷/東京)

    2010 としょ感と図書館(メディアセブン_川口市立映像・情報メディアセンター/埼玉)
    2008 としょ感(エビスアートラボ/愛知)
        かんそう曲(鑓水青年美術館/東京)
     

    ◎グループ展・その他の発表

    2019 「セカンド・フラッシュ」(岐阜県美術館)*宮田篤+笹萌恵

        「わくわくなおもわく」(はじまりの美術館/福島)

    2016 「INTERWOVENー編み込まれた世代」(愛知県立芸術大学創立50周年記念事業油画専攻企画展・名古屋市民ギャラリー矢田/愛知)

    2015 作法のためのリマインダ(はならぁと2015/奈良)

        繋留2(愛知県立芸術大学サテライトギャラリー/愛知)

    2014 美術館で夏休み 〜いつものミチのひみつキチ〜(刈谷市美術館/愛知)
        繋留(豊田市美術館市民ギャラリー/愛知)
    2011 うたの住む家Live in ダイバハウス(台場区民センター区民ホール/東京)

        1floor2011道の草 公園の壁(神戸アートビレッジセンター/兵庫)

    2010 黄金町のアーティストたち展(横浜市民ギャラリーあざみ野/横浜)
        ふしぎの森の美術館(広島市現代美術館)
    2009 あらうんど80年代(門仲天井ホール/東京)
    2008 取手アートプロジェクト2008 (茨城県取手市内各所)
        黄金町バザール2008(横浜市黄金町・日ノ出町各所)

    ワークショップ

    ◎2020予定

     

    1月4日 岐阜県美術館《ペンびぶんフレンドクラブセンター ぎふ》で微分帖

    1月30日 代官山ティーンズ・クリエイティブで微分帖

     

     

    ◎おもなワークショップ

    2019 ナンヤローネワークショップ「やってみよう!微分帖」(岐阜県図書館/岐阜県美術館)*宮田篤+笹萌恵

        アーティスト・イン・ミュージアム 宮田篤+笹萌恵 meets 岐阜県図書館(滞在制作)

        表現実習(愛知大学文学部)

        びぶんブックス・インストアイベント ゲスト:ATTA(朗読ユニット)(トーキョーアーツアンドスペース本郷/東京)

    2018 表現実習(愛知大学文学部)

    2017 表現実習(愛知大学文学部)

        三三三市〜ことば市〜(3331ArtsChiyoda/東京)

        微分帖(紀伊国屋札幌本店/北海道)

    2016 ことばの山を上る:微分帖(INTERWOVENー編み込まれた世代、名古屋市民ギャラリー矢田/愛知)

        みんなでつくる文学”微分帖”で豆本をつくろう(おとなのアートの日、ハレメクテラス/茨城)

    2015 《微分帖》とかであそんでみる (愛知県立芸術大学サテライトギャラリー/愛知)

        おとなもこどももあそべるぶんがく 微分帖(松戸市子ども読書推進センター/千葉)

    2014 ことばの森の図書がかり(刈谷市美術館/愛知)
        微分帖(刈谷市美術館/愛知)

    2013 微分帖/ビブンマンガ/びぶんえほん(愛知県芸術文化センター/あいちトリエンナーレ2013)

    2011 いどうとしょ感:新開地(神戸アートビレッジセンター/兵庫)

    2010 かわぐち詩律いどうとしょ感(メディアセブン_川口市立映像・情報メディアセンター/埼玉)
        アートをつまむ(殿/東京)
        そだてるびぶんの木(広島市現代美術館/広島)
        いどうとしょ感@<図書館>(松戸アートラインプロジェクト/千葉)

    2009 よこはま詩のこがね帖(黄金町バザール2009/横浜)
        しずおか詩のびぶん帖(ぞくぞくゾクゾク 第9回全国障害者芸術文化祭しずおか大会)
        よこはま詩律いどうとしょ感(CREAM ヨコハマ国際映像祭2009/横浜)

    2008 取手アートプロジェクト2008(茨城県取手市井野団地を中心とした市内各所)

    微分帖について

    「微分帖」というのは微分帖という作品である小さな本たちの名前で、

    そしてその作品ができあがるちょっと変わった共同作文の仕組みの名前で、

    さらにその作文が行われる現場の名前でもあります。

     

    「微分帖」のお話はどれもどこかいびつで、

    冗長だったりつまらなかったりするのになんだか面白いような気にさせる雰囲気があります。

     

    たとえば現在いまここで誰かと出会ったことが、

    これからの未来だけでなく自分のこれまでの過去のことにも影響してゆくような、

    誰にでもある珍しくもない不思議が微分帖の中にもある気がします。

     

    微分帖が生まれる仕組みがまったく複雑でなく単純であることも、

    自分にとっては方程式のようなきれいさや強さを感じさせています。

     

    2008年からはじめた微分帖は、

    さまざまな人に出会い千冊を超えてまだまだ増えてゆきそうです。

     

    いつか全部の微分帖をかざって微分帖に関わった人をみんな呼んで、

    誰も読み切れないくらいの物語の景色をつくりたいと思います。

     

    これからも微分帖の普及と発展を、

    時には他人事のように、

    時には真剣にがんばってゆけたらと思います。

     

    【《繋留》展のためのテキスト(豊田市美術館市民ギャラリー/愛知、2013)】

  • contact/ArCHIVE

    連絡やいろいろ

    Email

    微分帖やりたいかた

    連絡下さい

    @divnote

    たまにTwitterで

    やっている微分帖

    Twitterでの微分帖を

    あつめたもの

  • こちらは《ペンびぶんフレンドクラブセンター ぎふ》です!

    あなたも文通で微分帖をたのしむ《ペンびぶんフレンドクラブ》へ(終了)

    “ペンびぶんフレンドクラブセンター ぎふ”は、このたび2019(令和元)年11月3日に、岐阜県美術館「セカンド・フラッシュ」展の中にオープンしました。2009年からはじめたおはなしをつくるあそび《微分帖(びぶんちょう)》を、時間・空間的にひろげるこころみを通して、《微分帖》の普及と発展、ひいては、この“ペンびぶんフレンドクラブセンター ぎふ”が、参加者どうしの交流において、他者との想像力の違いを楽しみながら認め合える場所になることをめざします。

    このセンターは「明日へのおはなしを投函する」ペンびぶんフレンドクラブセンター《ぎ》(以下、《ぎ》)と、「昨日の《ぎ》から届いたおはなしの返事をかく」ペンびぶんフレンドクラブセンター《ふ》(以下、《ふ》)のふたつの機能から成り立っています。これら《ぎ》と《ふ》のやりとりを中心に、宮田篤+笹萌恵が8月に滞在した岐阜県図書館での《微分帖》や、《ぎ》と《ふ》のやりとりに美術館外から参加する《びぶんのペンパル》の紹介が含まれます。

    《ぎ》と《ふ》の間の道は、リニューアルに際して新設されたアートコミュニケーターズルームへと続きます。将来、岐阜県美術館のアートコミュニケータ「~ながラー」が何度もくりかえし通るであろう道をはさんで《ぎ》と《ふ》を設置しました。長良川を中心に「川北」・「川南」と呼ばれている岐阜のまちにもしくみを重ねています。《ぎ》と《ふ》の文通が回数を増すほどに、このセンターは魅力を増してゆくでしょう。

  • アーティストインミュージアム 宮田篤+笹萌恵 Meets 岐阜県図書館 のおしらせ

    (会期終了)

  • ぱっと現れすっと消えさる《びぶんブックス》という本屋さんのようなものがありました。

    びぶんブックスがやってきます。ありとあらゆる微分帖がびぶんブックスにはあります。

    びぶんブックスは立ち読みを歓迎します。

    会場に来て微分帖であそんでいただくと、びぶんブックスのしょうもないノベルティや、これまでの微分帖の傑作選をさしあげます。(引き換えにあなたの書いた微分帖をびぶんブックスの本棚へ加えてゆきます。)

    1月24日(木)から27日(金)、11時から19時まで

    微分帖であそんで、ここでしかできない《ことばのできごと》に触れていただけるとうれしい。

     

    トーキョーアーツアンドスペース本郷にて

    http://tokyoartsandspace.jp